忍者ブログ
撮ったり・食べたり・読んだり
[316]  [315]  [314]  [313]  [310]  [309]  [308]  [307]  [304]  [303]  [302
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遊びの場だった箱根が仕事の場にもなり、月に数度行くようになりました。

湯本駅前には馴染み(一方的に僕が知っているだけだけど)のお店、梅干の村上二郎商店、洋食のスコット等々があり、特に、蕎麦の新・名店「彦(げん)」は寄ってみるものの、毎回満員か売り切れで夏以来チャンスを狙っていました。

そして、今日。
商談が予定より早く終わった(というより宮ノ下が吹雪いていたので早く終わらせた)午前11時半過ぎに寄ってみるとあっさり入れたので、限定30食の二八蕎麦と白海老のかき揚げを賞味。

蕎麦の美味しさはもちろん、ここの素晴らしさは「小学生以下の幼児入店お断り」と明記していることで、大人が静かに蕎麦を味わうことを担保してくれます。

大変酷な言い方ですが、この国はきちんと教育されていない幼児が大半で、それなりのお店で幼児が叫んだり走り回ったりする光景をよく目にします。

それ以前に、親自身の教育がなされておらず、そういう幼児に注意もしないので、僕が店主なら「教育されていない幼児及び親の入店厳禁」と掲示するでしょう。

幼児の他に酷いのは主婦のグループで、幼児以上にうるさいうえに、さっと食べて次に待つ人に席を譲る、という粋をまったく理解しないので、僕が店主なら「主婦グループお断り」とも書くでしょうね。

僕が鎌倉の玄や二楽荘を好むのは、幼児と主婦グループが来ないからで、こういう店に幼児連れと主婦グループが来たら無言のメッセージを送ります。
ここは君たちが来る店じゃないよ、と。

彦が空いているのはあの掲示のせいで、「子供連れを差別」等々の評判が立ったのかな、と推測したら、蕎麦好きの恐ろしさよ。
麺の太さやつゆの詳細な解説はあるものの、幼児入店に関する記述は皆無でした。
そうか、幼児連れは蕎麦屋じゃなくて、最初からお子様ランチがあるような店に行くものね。
よかったよかった。

拍手[0回]

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
web拍手
よろしかったら、ひとつポチンと
プロフィール
HN:
OLDARMY
HP:
性別:
男性
職業:
熟練の事務員
趣味:
写真人・料理人・読書人・ベランダ菜園家・木工人
自己紹介:
★写真/EOS7Dでスナップ
★料理/中華と和食とマフィン
★本/SF・自然科学・ドキュメンタリ
★ベランダ菜園/13年目
★木工生活6年目
リンクをたどってみてください
Twitter
OLDARMY48をフォローしましょう
最新コメント
[05/28 OLDARMY]
[05/27 マス号]
[05/21 OLDARMY]
[05/21 rita]
[05/02 OLDARMY]
[05/01 マス号]
[04/11 OLDARMY]
[04/11 けぇこ]
[04/08 OLDARMY]
[04/07 マス号]
カウンター
最古記事
アクセス解析
monoclip!
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]