忍者ブログ
撮ったり・食べたり・読んだり
[303]  [302]  [301]  [300]  [298]  [297]  [296]  [295]  [293]  [292]  [290
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、旧ビートル(フォルクスワーゲン)が欲しくなり、日々研究を進めているが、買う金はなんとかなるとしても、70年代~80年代の古い車を維持する手間とお金のことを考えると購入は夢。
そもそも車への興味が薄いうえ、現代の車には絶望に近い気持ちを持つ。

車とは本来、エコと対極にある「浪費の塊」みたいなものだと思うのに、ほぼすべての車が「エコ」を謳い文句にしてる(アメ車除く(笑))が、車に乗らないのが一番エコだと思うし、その浪費の塊には官能を刺激する楽しみ+機械を操る楽しみが必須なのに、現代の車は官能も機械らしさもなく、IH調理器か電子機器みたいな感じがする。

だから、機械らしさを備え、エレクトロニクスと無縁の旧ビートルなら買ってもいいかな、と。
大排気量も強烈な加速もなし、小さなボディに小さな原始的なエンジンを積んで、音はうるさいけれど歩行者に威圧感を感じさせない、程よいセンスを楽しみたい。
今時、大排気量でスピード出して、ガソリンをまき散らすのは田舎者(居住地や出身地を意味しません)の非洗練の極みだと思うんだけどな。
旧ビートルに乗ってのんびりゆっくり、どこかの街(三崎か鎌倉)を見て回るのもいいなぁ。
が、乗ってるより修理している方が多い、と言う人もいるが。

ラブバッグ(The Love Bug)、という映画を突如思い出した。
意思を持つフォルクスワーゲンのビートル"ハービー"が主人公(?)のコメディ映画で、初回上映が1969年なので僕が7歳の頃の映画。
40年以上前のことなので細かいストーリーは一切覚えていないが、ビートルという車を意識したのは、この映画が発端かもしれない。
四半世紀前に、先輩が1962年製の完璧なオリジナルコンデションのビートルを手に入れて、僕と同年のその車を何度か運転させてもらったことがビートル好きを加速させたかもしれない。

どこかに旧ビートルが落ちていたら、拾ってしまいそうな今日この頃。

拍手[0回]

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
web拍手
よろしかったら、ひとつポチンと
プロフィール
HN:
OLDARMY
HP:
性別:
男性
職業:
熟練の事務員
趣味:
写真人・料理人・読書人・ベランダ菜園家・木工人
自己紹介:
★写真/EOS7Dでスナップ
★料理/中華と和食とマフィン
★本/SF・自然科学・ドキュメンタリ
★ベランダ菜園/13年目
★木工生活6年目
リンクをたどってみてください
Twitter
OLDARMY48をフォローしましょう
最新コメント
[05/28 OLDARMY]
[05/27 マス号]
[05/21 OLDARMY]
[05/21 rita]
[05/02 OLDARMY]
[05/01 マス号]
[04/11 OLDARMY]
[04/11 けぇこ]
[04/08 OLDARMY]
[04/07 マス号]
カウンター
最古記事
アクセス解析
monoclip!
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]